HOME SITEMAP SITE POLICY PRIVACY POLICY English Chinese
KAWASO|川惣電機工業株式会社
温度計測事業 電気計装事業 太陽光発電事業 会社情報 採用情報 お問合せ
ホーム
温度計測事業
アプリケーションサービス
熱処理
シース熱電対
被覆熱電対
測温抵抗体
補償導線
保護管・絶縁管
アクセサリ
焼却炉内温度測定
放射温度計
無線温度計
ナイクロベルシース熱電対
熱電対は、中高温領域を中心に、最も多く用いられている温度センサーで以下の特長があります。
*熱起電力が大きく、特性のバラツキが小さく互換性がある。
*高温または低温で使用しても、熱起電力が安定で寿命が長い。
*耐熱性が高く、高温においても機械的強度が保たれている。
*耐食性が高く、ガスなどに対しても丈夫。

熱電対の記号と構成材料
種類
記号
構成材料
+脚(*1) −脚(*1)
B   ロジウム30%を含む白金ロジウム合金   ロジウム6%を含む白金ロジウム合金
R   ロジウム13%を含む白金ロジウム合金   白金
S   ロジウム10%を含む白金ロジウム合金   白金
N   ニッケル、クロム及びシリコンを主とした合金   ニッケル及びシリコンを主とした合金
K   ニッケル及びクロムを主とした合金   ニッケルを主とした合金
E   ニッケル及びクロムを主とした合金   銅及びニッケルを主とした合金
J   鉄   銅及びニッケルを主とした合金
T   銅   銅及びニッケルを主とした合金
(*1)+脚とは、熱起電力を測る計器の+端子へ接続する脚で、反対側のものを−脚という。

常用温度及び過熱使用限度での連続使用時間
種類
記号
連続使用時間 (h) 各温度での熱起電力変化(%)
常用限度(*1) 過熱使用限度(*2)
B 2000 50 ±0.5
R 2000 50 ±0.5
S 2000 50 ±0.5
N 10000 250 ±0.75
K 10000 250 ±0.75
E 10000 250 ±0.75
J 10000 250 ±0.75
T 10000 250 ±0.75
(*1)常用温度とは、空気中において連続使用できる温度のこと。
(*2)過熱使用限度とは、必要上やむを得ない場合に短時間使用できる温度のこと。


各熱電対の最高使用温度
種類
記号
素線径
(mm)
常用温度(*1)
(℃)
過熱使用限度(*2)
(℃)
B 0.50 1500 1700
R,S 0.50 1400 1600
N 0.65
1.00
1.60
2.30
3.20
850
950
1050
1100
1200
900
1000
1100
1150
1250 
K 0.65
1.00
1.60
2.30
3.20
650
750
850
900
1000
850
950
1050
1100
1200
E 0.65
1.00
1.60
2.30
3.20
450
500
550
600
700
500
550
600
750
800
J 0.65
1.00
1.60
2.30
3.20
400
450
500
550
600
500
550
650
750
750
T 0.32
0.65
1.00
1.60
200
200
250
300
250
250
300
350
(*1)常用温度とは、空気中において連続使用できる温度のこと。
(*2)過熱使用限度とは、必要上やむを得ない場合に短時間使用できる温度のこと。


各熱電対の許容差
種類
記号
測定温度 クラス 許容差(*1)
B -
600℃以上1700℃未満
600℃以上800℃未満
800℃以上1700℃未満
-
2
3
3
-
±0.0025 ・|t|
±4℃
±0.005 ・|t|
R,S 0℃以上1100℃未満
0℃以上600℃未満
600℃以上1600℃未満
1
2
2
±1℃(*2)
±1.5℃
±0.0025 ・|t|
N -40℃以上+375℃未満
375℃以上1000℃未満
-40℃以上+333℃未満
333℃以上1200℃未満
-167℃以上+40℃未満
-200℃以上-167℃未満
1
1
2
2
3
3
±1.5℃
±0.004 ・|t|
±2.5℃
±0.0075 ・|t|
±2.5℃
±0.015 ・|t|
K -40℃以上+375℃未満
375℃以上1000℃未満
-40℃以上+333℃未満
333℃以上1200℃未満
-167℃以上+40℃未満
-200℃以上-167℃未満
1
1
2
2
3
3
±1.5℃
±0.004 ・|t|
±2.5℃
±0.0075 ・|t|
±2.5℃
±0.015 ・|t|
E -40℃以上+375℃未満
375℃以上800℃未満
-40℃以上+333℃未満
333℃以上900℃未満
-167℃以上+40℃未満
-200℃以上.-167℃未満
1
1
2
2
3
3
±1.5℃
±0.004 ・|t|
±2.5℃
±0.0075 ・|t|
±2.5℃
±0.015 ・|t|
J -40℃以上+375℃未満
375℃以上750℃未満
-40℃以上+333℃未満
333℃以上750℃未満 
1
1
2
2
±1.5℃
±0.004 ・|t|
±2.5℃
±0.0075 ・|t|
T -40℃以上+125℃未満
125℃以上350℃未満
-40℃以上+133℃未満
133℃以上350℃未満
-67℃以上+40℃未満
-200℃以上-67℃未満
1
1
2
2
3
3
±0.5℃
±0.004 ・|t|
±1℃
±0.0075 ・|t|
±1℃
±0.015 ・|t|
(*1)許容差とは、熱起電力を規準熱起電力表によって換算した温度から測温接点の温度を引いた値の許される最大限度をいう。
(*2)R、S熱電対の許容差分クラス1は、標準熱電対に適用する。
(備考1)|t|は、測定温度の+、−の記号に無関係な温度(℃)で示される値である。



金属シースと熱電対素線の間に粉末状の無機絶縁物を充填封入し、一体となった構造に加工された熱電対。
*応答速度が早い。
*機械的強度が大きく、耐圧性もある。
*極細外径の制作が可能。
*長尺物の制作が可能。
*曲げ加工が容易に出来る為、ニーズにあった測定ができる。

シース熱電対の記号と素線の構成材料
種類
記号
構成材料
+脚(*1) −脚(*1)
SN ニッケル、クロム及びシリコンを主とした合金 ニッケル及びシリコンを主とした合金
SK ニッケル及びクロムを主とした合金 ニッケルを主とした合金
SE ニッケル及びクロムを主とした合金 銅及びニッケルを主とした合金
SJ 銅及びニッケルを主とした合金
ST 銅及びニッケルを主とした合金
(*1)+脚とは、熱起電力を測る計器の+端子へ接続する脚で、反対側のものを−脚という。

SK熱電対(クロメル-アルメル)の常用限度
型名 金属シース 素線径
(mm)
常用限度
(℃)(*1)
材 質 外径(mm) 肉厚(mm)
K8011 インコネル
[JIS:B]
8.0 0.80 1.6 1050 
K6011 6.0 0.60 1.2 1000 
K4511 4.5 0.45 0.9 900
K3011 3.0 0.30 0.6 750
K2011 2.0 0.27 0.4 650
K1511 1.5 0.21 0.3 650
K1011 1.0 0.13 0.2 650
(*1)常用限度とは、空気中において連続使用できる温度の限度をいう。

SN熱電対(ナイクロシル-ナイシル)の常用限度
型名 金属シース 素線径
(mm)
常用限度
(℃) (*1)
材 質 外径(mm) 肉厚(mm)
N8002 SUS310S
[JIS:A]
8.0 0.80 1.6 900
N6002 6.0 0.60 1.2 800
N4502 4.5 0.45 0.9 800
N3002 3.0 0.30 0.6 750
N2002 2.0 0.27 0.4 650
N1502 1.5 0.21 0.3 650
N1002 1.0 0.13 0.2 650
N8007 SUS321
[JIS:A]
8.0 0.80 1.6 900
N6007 6.0 0.60 1.2 800
N4507 4.5 0.45 0.9 800
N3007 3.0 0.30 0.6 750
N2007 2.0 0.27 0.4 650
N1507 1.5 0.21 0.3 650
N1007 1.0 0.13 0.2 650
N0507 0.5 0.06 0.1 600
N8011 インコネル
[JIS:B]
8.0 0.80 1.6 1050
N6011 6.0 0.60 1.2 1000
N4511 4.5 0.45 0.9 900
N3011 3.0 0.30 0.6 750
N2011 2.0 0.27 0.4 650
N1511 1.5 0.21 0.3 650
N1011 1.0 0.13 0.2 650
(*1)常用限度とは、空気中において連続使用できる温度の限度をいう。

SE熱電対(クロメル-コンスタンタン)の常用限度
型名 金属シース 素線径
(mm)
常用限度
(℃) (*1)
材 質 外径(mm) 肉厚(mm)
E6007 SUS321
[JIS:A]
6.0 0.60 1.2 800
E4507 4.5 0.45 0.9 800
E3007 3.0 0.30 0.6 750
E2007 2.0 0.27 0.4 650
E1507 1.5 0.21 0.3 650
E1007 1.0 0.13 0.2 650
(*1)常用限度とは、空気中において連続使用できる温度の限度をいう。

SJ熱電対(鉄-コンスタンタン)の常用限度
型 名 金属シース 素線径
(mm)
常用限度
(℃)(*1)
材 質 外径(mm) 肉厚(mm)
J6007 SUS321
[JIS:A]
6.0 0.60 1.2 750
J3007 3.0 0.30 0.6 650
(*1)常用限度とは、空気中において連続使用できる温度の限度をいう。

ST熱電対(銅-コンスタンタン)の常用限度
型 名 金属シース 素線径
(mm)
常用限度
(℃) (*1)
材 質 外径(mm) 肉厚(mm)
T6007 SUS321
[JIS:A]
6.0 0.60 1.2 350
T3007 3.0 0.30 0.6 350
T1507 1.5 0.21 0.3 300
(*1)常用限度とは、空気中において連続使用できる温度の限度をいう。

金属シースの材質
記号 材質
A オーステナイト系ステンレス鋼
B 耐食耐熱超合金(*1)
(*1)JIS Z8704に準拠する。

電気的特性
項目 金属シースの外径mm 特性
絶縁抵抗   0.5、1.0、1.5、(1.6)、2.0 20MΩ/100VDC
  3.0、(3.2)、4.5、(4.8)、(6.4)、8.0 100MΩ/500VDC
耐電圧(*3)   1.0、1.5、(1.6) 100VACに1分間耐えること
  3.0、(3.2)、4.5、(4.8)、6.0、(6.4)、8.0 500VACに1分間耐えること
(*3)金属シースの外径0.5mmは適用しない。
(備考1)接地型には適用しない。
(備考2)補償導線付は、JIS C1610に規定する絶縁抵抗値との小さいほうを適用する。
(備考3)( )内の系列は、将来廃止する。


各シース熱電対の許容差
種類の 記号 測定温度 クラス 許容差(*1)
SN -40℃以上+375℃未満
375℃以上1000℃未満
-40℃以上+333℃未満
333℃以上1200℃未満
-167℃以上+40℃未満
-200℃以上-167℃未満
1
1
2
2
3
3
±1.5℃
±0.004 ・|t|
±2.5℃
±0.0075 ・|t|
±2.5℃
±0.015 ・|t|
SK -40℃以上+375℃未満
375℃以上1000℃未満
-40℃以上+333℃未満
333℃以上1200℃未満
-167℃以上+40℃未満
-200℃以上-167℃未満
1
1
2
2
3
3
±1.5℃
±0.004 ・|t|
±2.5℃
±0.0075 ・|t|
±2.5℃
±0.015 ・|t|
SE -40℃以上+375℃未満
375℃以上800℃未満
-40℃以上+333℃未満
333℃以上900℃未満
-167℃以上+40℃未満
-200℃以上-167℃未満
1
1
2
2
3
3
±1.5℃
±0.004 ・|t|
±2.5℃
±0.0075 ・|t|
±2.5℃
±0.015 ・|t|
SJ -40℃以上+375℃未満
375℃以上750℃未満
-40℃以上+333℃未満
333℃以上750℃未満
1
1
2
2
±1.5℃
±0.004 ・|t|
±2.5℃
±0.0075 ・|t|
ST -40℃以上+125℃未満
125℃以上350℃未満
-40℃以上+133℃未満
133℃以上350℃未満
-67℃以上+40℃未満
-200℃以上-67℃未満
1
1
2
2
3
3
±0.5℃
±0.004 ・|t|
±1℃
±0.0075 ・|t|
±1℃
±0.015 ・|t|
(*1)許容差とは、熱起電力を規準熱起電力表によって換算した温度から測温接点の温度を引いた値の許される最大限度をいう。
(備考1)|t|は、測定温度の+、−の記号に無関係な温度(℃)で示される値である。 


Copyright Kawaso Electric Industrial Co.,Ltd All Rights reserved.